アルザス ロレーヌ。 最後の授業

アルザス地域圏

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

☘ 写真は、聖堂背後の墓地からの眺めで、見 せ掛けアーケードの連続模様を施した半円形 後陣の佇まいがとても清々しく感じられた。 1365年と1375年 - の休戦期に解雇された傭兵部隊がロレーヌから侵入し略奪した。

14

『アルザス・ロレーヌ:「最後の授業」と「海の沈黙」』ストラスブール(フランス)の旅行記・ブログ by ハンクさん【フォートラベル】

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

🌏 1631年 - がでフランスから軍資金を得た。 1789年フランス革命が勃発すると,この地方の封建体制は崩壊し,言語・習慣などはドイツ風ながら,住民はフランス人としての国民意識を強めた。

アルザスのロマネスク

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

☣ 上層の礼拝堂では、精緻な植物模様と動物 を組み合わせた意匠の柱頭彫刻を観ることが 出来た。 アルザス・ロレーヌと言えば2つの小説が思い出される。

9

『アルザス・ロレーヌ:「最後の授業」と「海の沈黙」』ストラスブール(フランス)の旅行記・ブログ by ハンクさん【フォートラベル】

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

😔 表面にはアルザス地方のシンボルであるシダの葉が飾ってあります。 GL はがなく、も自己金融で賄っていた。 ロレーヌ鉄鉱床から産出される鉄鉱石はミネット鉱と呼ばれ、リン分などの不純物を含む低質の鉄鉱石ですが、1878年にトマス製鋼法が開発され、リン分を除去することが可能となり、製鉄業に拍車がかかりました。

8

ロレーヌ地域圏

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

🙂 この地方は戦略上の要地であるうえ、アルザスはぶどう酒、小麦、サトウダイコン、木材の産地で工業も発達し、ロレーヌは石炭と鉄の産地でとくに鉄鋼はヨーロッパ第一の生産高がある。 写真では少し確認しにくいですが、モルビエのように緑色の線が見えます。 もう少し時間的な余裕ができたら、アルザス・ロレーヌを時間をかけて歩いてみたい。

3

アルザス・ロレーヌとは

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

⚛ それにより北部ではドイツ語のフランク方言が、南部ではに近いが長らくこの土地で話されるようになった。 アルザス=ロレーヌ地方は長年傘下のなどの支配下にあった。

アルザス=ロレーヌ紛争とは

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

🚀 そのかげで仏伊協商も交渉されて、2年後に締結された。 解体 1918年• 教会は彫刻美術館とでも言えそうな位、数 多くの彫刻で装飾されている。

11

『アルザス・ロレーヌ:「最後の授業」と「海の沈黙」』ストラスブール(フランス)の旅行記・ブログ by ハンクさん【フォートラベル】

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

♥ 美しいロマネスク様式のアーケードを覗い て驚いた。 正に納骨堂そのもので、写真にも ちらりと写っているが、無数の人骨が堂内に 積み上げられていたのだった。

2

アルザス・ロレーヌ

ロレーヌ アルザス ロレーヌ アルザス

🤟 協議の結果、領土交換が行われ、一代限りのロレーヌ公となったの死後には完全にフランス領に編入された。 建築は三廊式で、翼廊と三つの祭室を持つ 典型的なプランである。

10